遺言書

普通方式の遺言書には、3つの種類があります。
それぞれの方式及びメリット、デメリットをご紹介します。
自筆証書遺言

 【方式&メリット】 

 自分で紙に書いて作成する遺言です。

 費用もかからず、いつでも書ける。

 

【デメリット】

 自分で作成するので、法律的に不備なものになってしまう可能性

 がある。

 後日、その遺言書を発見した者が、必ず、家庭裁判所に持参して、

 検認手続を経なければならない。

 後に、破棄したり、隠匿や改ざんをされる可能性がある。

 全文を自書する必要があるので、病気等で手が不自由になり、

 字が書けなくなった場合、利用することができない。

 ※財産目録を添付する場合は、その目録については自書でなくても

  よいことにっています。

  

秘密証書遺言
公正証書遺言

 【方式&メリット】

     遺言者が、公証人の面前で遺言の内容を口授し、それに基づいて

 公証人が文章にまとめ、公正証書として作成するものです。

 公証人の助言を得ながら作成していくので、法律的にきちんとした

 内容の遺言になり、方式の不備で遺言が無効になるおそれがない。

 家庭裁判所で検認の手続を経る必要がないので、相続開始後、

 速やかに遺言の内容を実現することができる。

 原本が公証役場に保管されるので、遺言書が破棄されたり、隠匿や

 改ざんをされる心配がない。

 病気等のため自書が困難である場合でも、可能。

 署名することさえできなくなった場合でも、公証人が遺言者の署名を

 代書できることが法律で認められてる。

 公証人が、遺言者の自宅又は病院等へ出張して遺言書を作成する

 こともできる。

 

【デメリット】

 費用と時間がかかる。
 証人が2人必要。

 適当な証人がいない場合、当事務所でご対応させていただくことが

 可能です。     

 

 【方式&メリット】

      遺言者が、遺言の内容を記載した書面(ワープロ等でも可。)に署名

 捺印をしたうえで、これを封じ、遺言書に押印した印章と同じ印章で

 封印したうえ、公証人及び証人2人の前にその封書を提出し、自己の

 遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述し、公証人が

 その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後、遺言者及び証人

 2人と共にその封紙に署名押印することにより作成されるものです。
 上記の手続をすることにより、その遺言書が間違いなく遺言者本人の

 ものであることを明確にでき、遺言の内容を秘密にすることができる。

 

【デメリット】

 内容に法律的な不備があったり、後日、紛争の種になったり、無効と

 なってしまう可能性がある。
 自筆証書遺言と同じように、家庭裁判所で検認手続を受けなければ

 ならない。      

 

  Copyright Ⓒ 2016 司法書士法人U・I  All Rights Reserved.